「月刊 日本行政 6月号」

「時をよむ人 未来への羅針盤」
3回連載の2回目!

前回は、JALキャビンアテンダントから、いかにしてタレントになったのか?
乗り越えるべき壁(弟の存在など)について、取材していただきました。

その続きの2回目は、
タレントから~「〝日本酒の島田律子″として」
いかにして、日本酒の道を歩むことになったのか?について取材していただきました。

素晴らしくまとめていただき、
私自身もあらためて、頑張っていかなければと、背筋が伸びます。

ありがとうございました!

画像2: 月刊 日本行政 | 日本行政書士会連合会
画像3: 月刊 日本行政 | 日本行政書士会連合会

This article is a sponsored article by
''.